レシピ<おやつ>

カルシウムの吸収率アップ♪牛乳からできる簡単チーズ2選

牛乳から作ることのできる2種のチーズレシピを紹介します。
出来上がったチーズは離乳食にも活用できます。

Instagramでもレシピを公開しています。



牛乳からできる【カッテージチーズ】と【リコッタ―チーズ】レシピ

使用する牛乳は低脂肪牛乳ではうまく作ることができません。
普通牛乳を使用することがポイントです。

カッテージチーズ材料

・牛乳 500㏄
・レモン汁(もしくは酢) 大さじ1


カッテージチーズ作り方

①材料を鍋に入れ、弱火にかけます。


②60℃になったら火を止めます(目安:鍋の周りに泡が出てくる程度)


③混ぜ合わせて分離していればOK。


④ペーパーを敷いたザルに上げてこします。


こしてできるのが「カッテージチーズ」です。

左:カッテージチーズ



また、こして残った汁がホエイです。リコッタチーズはこのホエイを使って作ります。

リコッタチーズ材料

・ホエイ 好きな量
・牛乳 ホエイと同じ量
・レモン汁(もしくは酢) 小さじ1~(固まりにくい場合は足してください)



リコッタチーズ作り方

①材料全てを鍋に入れて弱火にかけます。


②60℃で火を止めて分離していれば、カッテージチーズと同じようにこすだけ。
※分離していない場合は酢やレモン汁を足して分離させてください。



右:リコッタチーズ





カッテージチーズとリコッタチーズの違い

カッテージチーズは牛乳を分離させたもの。
リコッタチーズはホエイから作られるものです。


味はカッテージチーズがさっぱりリコッタチーズが酸味が強くよりチーズっぽい感じがします。



栄養価は、カッテージチーズが糖質、脂質が少なくよりヘルシーです
リコッタチーズはカルシウム量が多いため離乳食にもおすすめです



どちらのチーズも酢やレモン汁を使っているため、カルシウムの吸収率がアップするレシピになっています。

応援いただけると嬉しいです

関連記事