子育て中の悩み

離乳食はいつから始める?早すぎる離乳食の問題点とは






もうすぐ離乳食がはじまる方!いつから始めよう?生後5ヵ月?6ヵ月?色々調べていると余計分からなくなりますよね。

厚生労働省では離乳食開始は生後5~6ヵ月を推奨しています。


私の場合、多乳で悩んでおりなるべくおっぱいを飲んでもらいたい思いがあったため、離乳食は生後6ヵ月で開始しました。

しかし、早ければ早いほど良いと思われている方もたまにいるようですが、早すぎる離乳食開始の場合、赤ちゃんがアレルギーになる可能性が高くなることをご存知でしょうか??





離乳食を生後5ヵ月~6ヵ月で始める理由は?



通常赤ちゃんは母乳やミルクの栄養だけで元気に育つことができます。しかし、生後6ヵ月を超えてくると、鉄分・亜鉛・カルシウムなどのミネラルやビタミンB6が不足しやすくなります。


また、たんぱく質などの栄養素も必要量が増えてくるため、母乳やミルクだけでは補えなくなってくるためです。





早めに離乳食を始めるとアレルギーになる危険性がある

生後4か月未満に離乳食を始めた場合、
赤ちゃんはまだ食べ物を消化して吸収する機能が未熟なため、


アレルギーなるリスクが高まると言われています。

理由は、腸の粘膜が未発達のため食べ物を上手く消化できずに血液内に取り込まれてしまうからです。



また母乳育児の場合、早めに離乳食を始めてしまうと色々な細菌が身体に入る可能性が増えるため、感染リスクが高まります。


生後5~6ヵ月間は母乳の免疫機能により赤ちゃんを菌から守る役割もあるのです。

そういった意味から、離乳食は早ければ良いというものではないのです。






離乳食開始は生後5ヵ月が良いのか?6ヵ月が良いのか?

赤ちゃんが食べたい意欲が見られれば5ヵ月開始でも、6ヵ月開始でも問題ありません。

目安として、歯が生え始めたら。私たちが食べるのを目で追ってくる。アムアムと口を動かす仕草をする。

という行動が見え始めたらはじめてみると良いとおもいます。

私の息子の場合、アムアムという口の仕草は5ヶ月ごろから、歯は5ヶ月半から生え始めていました。そろそろかなぁーと思いながらも、結局はじめたのは6ヶ月に入ってからでした。


スムーズに始められらように、機嫌が良い時や、お腹がすいている時間に一口ずつ始めることも大切です。


6ヵ月を過ぎると栄養素が足りなくなってくると上記で紹介しましたが、ビタミンA・葉酸・ビタミンB12・ビタミンCなどは
1歳までは母乳だけでも補えます。
ビタミンDは日光浴をすれば作ることができます。




そのため、食べてくれないからと、無理に食べさせる必要はありません。


6ヵ月過ぎても離乳食を全く食べてくれない場合は、
鉄・亜鉛・カルシウムなどの栄養素が不足していくため、これらが含まれるものから意識して与えていくことがおすすめします。


・鉄は、レバーペースト・卵黄・納豆・ひじき・にぼし
・亜鉛は、牛肉・チーズ
・カルシウムは、ヨーグルト・牛乳・チーズ
に多く含まれています。

赤ちゃんのおやつで鉄やカルシウムが強化されているものが多いのはこういった理由からではないでしょうか。





まとめ

いかがでしたでしょうか。早すぎる離乳食は要注意です。ゆっくり焦らずに、赤ちゃんに合わせたペースで始めてみてくださいね。


※参考文献
水野克.水野紀子 “第三章 離乳食(補完食)の始め方”. へるす出版, 2018, 44-53

ここから←アンケートに答えると
熊本で有名な「森のくまさん」というお米を使った雑穀米が無料でもらえます♪

応援いただけると嬉しいです